監視カメラを設置するだけでも抑制効果がある

後悔しないためにすること

レディ

希望は明確に

自宅から離れている時間が長いという場合、空き巣などの被害に遭う可能性があります。また、空き巣だけではなく、何らかの嫌がらせなどを受けてしまう可能性もあるでしょう。そのような被害の抑制や万が一被害に遭った場合の犯人捜しの時に重要となる証拠となるのが、防犯カメラの映像です。街中いたるところに設置されている防犯カメラですが、最近では家庭用の製品も多数あります。防犯カメラを設置するという場合には、その選び方が大切になります。購入をする際には、どこに設置をするのか、どのような機能を求めるのかを明確にするということが大切になります。一般的な防犯カメラは夜間は上手く撮影することが出来ない場合もありますので、夜間の撮影も望むのであれば、赤外線カメラを搭載している物を選ぶようにしましょう。

選び方のポイント

防犯カメラは、設置する場所により適している製品に違いがあります。室内の様子を監視したいという場合には、屋内用のものを購入するようにしましょう。一方、空き巣などの侵入者を抑制するもしくは自宅周辺の状況を確認したいという場合には、屋外用のものを選ぶようにします。屋外用の製品は、防水仕様となっており、雨風にも耐えることが出来るように出来ています。夜間の撮影にも対応して売るのは、赤外線LED付きのものとデイナイト機能の付いたものがあります。赤外線LED付きの物は、センサーに反応し、LEDが点灯しますが、デイナイト機能の付いたものはLEDが点灯するタイプと比べて目立ちにくいという特徴があります。防犯カメラを設置していることを目立たせたくないという場合には、デイナイト機能が付いたものを選びましょう。