監視カメラを設置するだけでも抑制効果がある

住宅を守る監視カメラ

女性

防犯対策に威力を発揮

一戸建て住宅やマンションなどの集合住宅といった環境の違いに関わらず、住宅は常に不法侵入と犯罪の危険にさらされています。配達員を装った住宅への不法侵入や空き巣被害は増加の傾向にあるため、一般住宅でも公共施設や企業並みの防犯対策が求められる時代です。企業のオフィスや工場・各種施設等では、侵入経路の入口となる個所に防犯カメラを設置することで不法侵入の抑止効果を発揮しています。そのような監視カメラは金融機関や店舗の内外にも多く設置されており、商店街や駅・空港といった公共の空間でも珍しくなくなりました。実際に犯罪が行われた際には防犯カメラが犯人逮捕につながる有力な証拠映像を提供してきたため、犯行を事前に思いとどまらせる効果が期待できるのです。不法侵入を抑止する目的でも多く採用されている防犯カメラは、企業や公共機関だけでなく一般住宅でも設置例が増えてきています。近年では防犯カメラの性能も大きく向上して証拠能力が飛躍的に高まっており、設置してある家には空き巣も近づきにくくなっているのです。低価格の防犯カメラが登場したことも普及を後押しして、一戸建て住宅やマンションでの設置工事需要が急増しています。

夜間の高画質撮影も可能に

一般的な防犯カメラには古くから使われてきたボックス型の他にも、目立たない形状で住宅景観に自然と溶け込むドーム型や全天候型のバレットタイプがあります。設置工事を行う際の接続には従来の同軸ケーブルを使用する方式に加え、最近ではLANケーブルや無線LANを使用するネットワーク方式も増えてきました。防犯カメラの性能が大きく向上した背景には画素数が増えたことによる高画質化も挙げられますが、ネットワーク方式はハイビジョンカメラの接続にも最適です。長距離の接続も可能なLANケーブルでカメラと録画機やモニターを結ぶには、ネットワーク工事に関する専門知識も欠かせません。防犯機器の販売を行っている専門業者に依頼することで、高画質を誇る防犯カメラでも一般住宅への設置が可能になります。こうした高機能の防犯カメラは赤外線を利用することによって夜間撮影を実現しており、暗闇の中でも鮮明な映像が得られます。最大16チャンネルまでの多チャンネル接続や、映像圧縮技術向上による長時間録画といった最新技術も見逃せません。一般住宅でもネットワーク防犯カメラの設置工事を行うことで、企業並みのセキュリティが実現できるのです。